狙って買うためのコツ

- 狙って買うためのコツ

狙って買うためのコツ

格安航空券は料金が安いことから、旅行などで利用する方も少なくありません。
片道だけでも購入可能ですので、少しでも料金を浮かせたいなら検討の余地があるでしょう。
半額以下の値段設定は非常に魅力的です。


希望の路線が見つからない?

しかし、格安な料金が魅力的である一方、自分が希望する路線のチケットがなかなか見つからないこともあります。
全く見つからない場合、通常の航空券を購入して利用することも検討が必要になるでしょう。
ただ、料金が高くなってしまうのが欠点です。
格安航空券を買うためには、路線や時間帯などを少し工夫してみると良いでしょう。
実は購入するためのコツがあるのです。

需要の少ない路線を狙おう

飛行機は人気が高い路線もある一方で、平均搭乗率が半分以下と、需要が非常に少ない路線もあります。
しかし、航空各社では少しでも搭乗率を上げるために、チケットを格安で販売していることがあるのです。
なるべく需要が少ない路線を狙ってみると良いでしょう。

時間帯にも注目

また、深夜便や早朝便など、利用者の少ない時間帯もあります。
特にこれらの時間帯の便は注目すべきで、日中の便よりも料金が安いチケットも多いのです。
自分のスケジュール変更が必要ですが、料金を節約したい方は、路線の時間帯もチェックしておきましょう。

閑散期は特におすすめ

飛行機は、行楽シーズンなどの繁忙期を除けば、利用者が少ない閑散期がほとんどです。
このため、安くチケットを購入できるのが閑散期になります。
逆に繁忙期は料金も高くなりがちですので、旅行などで特に時期を定めていない場合、閑散期を狙ってみると良いでしょう。

買うのは難しい?

格安航空券を狙って買うことは難しいかもしれませんが、需要、時間帯、時期の3つを絞れば、非常にお得な路線を見つけることも可能です。
直行便を利用するよりも、格安航空チケットで地方空港を経由したほうが料金が安くなる場合もあります。
目的地までの路線も検討材料になるでしょう。